写真撮影のヒント: 余分な黒は写真をダメにする

余分な黒は写真をダメにする。
無駄をそぎ落としましょう!


_DSC7079-2.jpg
上の写真は志賀島の潮見公園から見た海ノ中道(砂洲)の朝の景色です。



_DSC7079-3.jpg
この写真では、白で囲った下の黒い部分が広く、全体を圧迫しています。
この黒い部分は無駄な部分です。
黒は人の目を強く引きつけるので注意が必要です。




_DSC7079.jpg
本来はこの様に切り撮った方が、雰囲気が出ます。
邪魔な黒を無くすべきです。


次の例です。
_DSC2195.jpg
百道浜の日没後です。
構図的には、破綻していませんが、これもダメなのです。



_DSC2195_2.jpg
下の白で示した部分(防波堤)の黒い部分に意味がありません。
これが岩場か何かで表情のあるものであれば、少し明るくして見せれば良いのですが、防波堤では何ともなりません。
それから、上部のピンクで示した空の部分も無駄に広いです。

本来、これは撮るべき景色ではなかったのです。

見る人にとって黒はインパクトがあり、強い印象を与えます。
上手く使えば効果的ですが、意味無く大きな黒い部分を入れると写真が台無しになります。

黒い部分は、要注意なのです!

ブログランキング等やっています。
もし、参考になりましたら、はてなブックマークしていただければ励みになります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
にほんブログ村

スナップ写真ランキング
<


応援ありがとうございます!


スナップ写真:糸島の浜辺

_DSC6110.jpg

糸島海辺の写真を2回に分けてアップします。

糸島に通ってますが、まだまだ探索の余地はあると感じています。

敢えて説明はしません。(笑)

_DSC6112.jpg


_DSC6121.jpg

ブログランキング等やっています。
もし、はてなブックマークしていただければ励みになります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
にほんブログ村

スナップ写真ランキング
<


応援ありがとうございます!

写真撮影のヒント: 色に頼らない表現

_DSC3371_2.jpg

今回は、「色に頼らない表現」についてです。
どうしても、鮮やかな色や、微妙な色の
グラデーションには心を惹かれますが、それだけで
作品とするのは難しいのです。


上の写真は、雲の影響で出来た夕暮れの海の微妙な色合い惹かれて撮影しました。
しかし、単に色合いだけで、それだけでは何も表現出来ていません。

写真の善し悪しを判断する時に、モノクロで見て判断します。
(写真の造形を見るのが、目的です。)
下の写真を見て分かるように、この写真から色を取ると、は何も語らない写真
ということが分かります。

_DSC3371_2-2.jpg





一方、下の写真は、色は意識に無く、最初からモノクロにするつもりで撮影しました。
上がカラーで、下がモノクロです。色がないだけ、モノクロの方が、造形を際出せています。
なんと言うことの無いシーンですが、これはこれで作品として成り立たっています。

_DSC2539-2.jpg

_DSC2539.jpg

写真撮影において、色は重要な要素ですが、色だけで作品を作るのは、非常に難しいのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加


にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
にほんブログ村


スナップ写真ランキング


<



応援ありがとうございます

風景写真: 糸島の麦畑

_DSC6309.jpg

今回は、糸島の麦畑です。久しぶりに風景写真ですね。(笑)

糸島の水田の多くは、秋から春に掛けて麦を栽培する二毛作が多く見られます。
今の季節、田植えを終えたその横で、実りをつけた麦が輝いています。
これから、刈り取りで、すぐに田植えが待っています。

糸島には麦畑は多いのですが、電柱や民家が入るところばかり、ようやくこの場所を見つけました。

こうやって写真を撮りに回っていると、季節感を強く感じます。


_DSC6252.jpg


ブログランキング等やっています。
はてなブックマークしていただければ励みになります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
にほんブログ村

スナップ写真ランキング

<


応援ありがとうございます!

写真撮影のヒント: 主役の被写体の大きさは重要

今回のテーマは、写真の主役の大きさについてです!
結構ポイントとなるところです。


DSC_0010.jpg


この写真は、まだ、私が写真撮影を始めた頃の写真です。
望遠レンズが楽しくて、望遠レンズばかり使っていました。(笑)
あるカメラ雑誌に掲載されたのですが、選者からコメントがありました。

センニチコウの花が、家族が寄り添う様に感じて撮影しました。
この写真の欠点は、主役であるセンニチコウが大き過ぎることです。
弱いものが寄り添うイメージには、あまりにも大きく写しています。
もう一回り二回り小さく写すべきでした。
そうすれば、かよわいイメージに繋がります。


被写体のイメージに合わせて大きさを決めるべきです。
逆に力強いイメージにするには、被写体をずっと大きくすることになります。



_DSC6832_2.jpg

この写真は冬の海の日没後をスローシャッターで撮影したものです。
余り違和感は無いとは思いますが、主役の岩が大き過ぎて主張し過ぎています。
もう少し小さくした方がバランスが良くなります。
このさじ加減が大切なんです。


午後の港

もう一例
午後の港の景色です。手前のボートが主役なのですが、少し目立ち過ぎなので、
一回りは小さくしたい所です。

しかしながら、手前にブロックがあり、これ以上は、離れて撮影できないんです。(汗)
こういう場合は、諦めるという選択肢もありますが、後で参考になるかも知れないので、
私は撮影します。

主役の被写体は非常に重要です。
全体のバランスや写真のイメージに合わせて主役の大きさを
決めることが大切です。


良い被写体に当たると。つい興奮してしまいます。(笑)
そこで、一歩引いて冷静になって撮影するべきです。
言うのは簡単ですが、私は未だに十分冷静になりきれません。(爆)


ブログランキング等やっています。
もし、参考になりましたら、はてなブックマークしていただければ励みになります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
にほんブログ村

スナップ写真ランキング
<


応援ありがとうございます!

スナップ写真: 友泉亭公園  その3

_DSC5187.jpg

友泉亭公園 今回が最後です!
ここは、新緑の季節がベストと思います。


1枚目は天井のきらめきがポイントです。
後は、ご自由に感じていただければ、なによりです。

_DSC5150.jpg




_DSC5065.jpg




_DSC4899.jpg


ブログランキング等やっています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
にほんブログ村

スナップ写真ランキング
<


応援ありがとうございます!

写真撮影のヒント フレーミングでの雲の効果

今回は雲の効果についてです。

前回、広い青空はフレーミング上は不要ということを話しましたが、空に特徴ある雲があれば、話は大きく変わります。


DSC_2180(2).jpg

この写真は、長崎県の野母崎の水仙の群生です。
ここは、1月初めに広大な水仙の花畑が見られます。多分九州では最大規模と思います。
おすすめの撮影スポットです。

この写真では、冬の青空にぽっかりと雲が浮かんでいます
もし、この雲が無ければ、空にアクセントが無く、作品として成り立たなかったでしょう。



次の例は、桜と雲です。
良い感じの雲があった為、雲と桜を組み合せて、この写真を取りました。
この写真も、雲が無い青空であったなら、作品として成り立たなかったでしょう。

_DSC1514.jpg




最後はこの写真です。
この何とも圧迫感のある重苦しい雲がこの写真の主役です。
こういう雲にはなかなか出会えません。

_DSC0386.jpg


青空は何も語り掛けてくれませんが、雲は空にアクセントを加えてくれます。

撮影の際に、もっと雲も意識されては、いかがでしょうか?


ブログランキング等やっています。
もし、参考になりましたら、はてなブックマークしていただければ励みになります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
にほんブログ村

スナップ写真ランキング
<


応援ありがとうございます!

スナップ写真: 友泉亭公園  その2

_DSC5167.jpg

友泉亭公園の続きです。 ここは純和風で趣ある場所です。
メインは、やはりこの大広間でしょうか。心が落ち着きます。





_DSC5055.jpg


これは何でしょうか?
_DSC5073.jpg







庭園の椅子に敷かれた毛氈です。(笑) 木漏れ日が鮮やかです。




_DSC5034.jpg

殺伐たる写真ばかり撮っていますが、たまにはこういう雰囲気の場所で心を鎮めるのも大切と感じました。

ブログランキング等やっています。
はてなブックマークしていただければ励みになります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
にほんブログ村

スナップ写真ランキング
<


応援ありがとうございます!

写真撮影のヒント 被写体に集中させる

作品アップの次は写真撮影のコツについて投稿します。
基本的な内容ですが、初心者の方からある程度経験を積まれた方にも参考になればと思います。


撮影のテクニックや機材も重要ですが、写真撮影の絵作りのヒントや作品作りの考え方がより重要と思います。
私は数多くの失敗をしてきました。未だに失敗し続けています。(笑)
過去の失敗を踏まえて、あまり写真の教科書に書いて無い様な事項を書きたいと思います。


最初のテーマは、「被写体に集中させる」です。

まず、元の写真がこれです。

IMG_0552.jpg

マンハッタンをブルックリン側から写した写真です。
何も考えず撮った感じです。(笑)
この写真では、何を表現したいのか分かりません。

特に白で示した海と空が不要です。

IMG_0552_2.jpg


そこで、望遠で撮った物が下の写真です。
随分分かり易くなったと思います。

左と右に先の尖ったビルがあります。
写真の左右の端から、先の尖ったビルまでの距離が同じになっています。これがミソです。(笑)

IMG_0549.jpg


どうしても、マンハッタンの街の広がりを見せたいとなると、遠近感を出す為に手前に被写体を入れます。
場所を右側に移動して、桟橋を加えて撮影したのが、下の写真です。

IMG_0554.jpg


しかし、白で囲った部分が、意味がありません。

IMG_0554_2.jpg


そこで更に右側に移動して桟橋の杭を中心に入れたのが、下の写真です。
遠近感も強調されますし、杭の流れで視線が自然に遠方のビル群に向かいます。

ちなみに、これらの写真はコンパクトデジカメで撮影しました。
光量が十分あって、被写体に動きが無ければ、コンパクトデジカメでも結構撮れるのです。

IMG_0556.jpg


こういう試行錯誤を繰り返して、スキルアップをして行きます。
理屈は分かっていても、実践するのは、思う程簡単ではありません。
繰り返し、繰り返し、地道な実践が大切です。


ブログランキング等やっています。
もし、参考になりましたら、はてなブックマークして共有をお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
にほんブログ村

スナップ写真ランキング
<


応援ありがとうございます!