花写真続きます!

_DSC7135.jpg

前回の続きです! 花写真が続きます。
春のバラは盛りを過ぎていました。。。


しかし、フルサイズの被写界深度(ピントが合っているように見える範囲)は浅いです。
感をつかむのに少し練習が必要ですね。(汗)

_DSC7018.jpg


ブログランキング等やっています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
にほんブログ村

スナップ写真ランキング

<


応援ありがとうございます!

交換レンズ選択  花写真用 ニコンFマウントフルサイズ用マクロレンズ

_DSC7351.jpg


ニコンFマウントフルサイズ用マクロレンズの比較

久しぶりに機材の話をしたいと思います。
カメラのシステムをフルサイズ(35mm版)にシフトした為、レンズの追加が必要になりました。

標準、望遠、広角は揃えたのですが、優先順位の低いマクロレンズがまだでした。
今年、数年ぶりに花の写真を再開しようと思い、まずはレンズの調達からです。

花の写真を撮るには、マクロレンズでなくても撮れるのですが、「近くに寄った撮影が出来ない」
と結構ストレスがたまります。
花撮影には、マクロレンズがあると非常に便利です。


一口にマクロレンズと言っても、画角に関して3種類に分けられます。

 標準(50mm前後)
 中望遠(100mm前後)
 望遠(180mm前後)

撮影スタイルによるとは思いますが、花写真で一番使い勝手が良いのは、やはり中望遠(100mm前後)かと思います。

そこで、色々ある中望遠(100mm前後)レンズを比較しました。
私はニコンユーザーですので、ニコンFマウントフルサイズ用のマクロレンズで主なものを比較しました。
価格帯は、価格コムの価格を表示しています。
なお、画質については、実際に使用しないと、本当のところは分かりません。
また、画質には、個人の好みがありますので、敢えて記載していません。


1.AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED
ニコンのフルサイズ用のマイクロレンズです。
接写撮影のことをマクロ撮影と呼んでいますが、本当はマイクロ撮影と呼ぶべきです。
ニコンだけが、正しくマイクロレンズと呼んでいます。

このレンズはいわゆる「金帯レンズ」 です。
レンズ本体の前方の周囲に金色のマーキングが施されています。
このデザインが施されたニコンのレンズを、「金帯レンズ」と呼びます。
光学性能が特に優れたレンズのみに、このデザインが施されています。
キャノンのLレンズの様に、上手く宣伝に使えば良いのに、「金帯レンズ」 はあまり知られていません。(笑)

  発売時期:2006年3月
  価格:¥98,280 ~ ¥108,250
  焦点距離:105mm
  重量:750g
  その他:手振れ補正

メリット
・最大のメリットは、純正レンズの安心感でしょう。
・手振れ補正 マクロレンズで、手振れ補正が付いたのは、このモデルが最初です。
 当倍近くの接写時は、手振れ補正は効きません。
 しかし、三脚を使う前提であれば、気にする必要はありません。

デメリット
・設計が10年以上前で古い。技術の進歩は早いので、気になるところです。
・価格が高価。10万円は超えます。

http://www.nikon-image.com/products/lens/nikkor/af-s_vr_micro-nikkor_105mm_f28g_if-ed/


2.シグマ MACRO 105mm F2.8 EX DG OS HSM
サードパーティー品メーカー シグマのマクロレンズです。
昔と違い、サードパーティー品の性能はあがり、純正品に十分対抗できるようになりました。

 
  発売時期:2011年9月
  価格:¥63,666 ~ ¥63,670
  焦点距離:105mm
  重量:725g
  その他:手振れ補正

メリット
・純正品とほぼ同等スペックのレンズが、純正品の6割の価格で買える。
・手振れ補正 当倍近くの接写時は、手振れ補正は効きません。
 しかし、三脚を使う前提であれば、気にする必要はありません。

デメリット
・特にこれと言った弱点は無いと思います。

http://www.sigma-global.com/jp/lenses/others/macro/105_28_os/


3.TAMRON SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD (Model272EN II)
ここから、TAMRONレンズが3本続きます。
その中で一番ベーシックなモデルです。
写り自体は、この3本で大きくは変わらないと思います。

TAMRONもサードパーティー品メーカーですが、マクロレンズが有名で力を入れています。
特に90mmマクロは「タム9」 と呼ばれ、カメラメーカーに関係なく、一種のスタンダードになっています。

 
  発売時期:2008年9月
  価格:¥32,391 ~ ¥34,880
  焦点距離:90mm
  重量:400g
  その他:

メリット
・伝説の「タム9」の安心感。
・価格が安い。

デメリット
・本来デメリットでは無いのですが、接写撮影時は三脚が必須です。
 (元々そういうジャンルの撮影です。)

 http://www.tamron.co.jp/lineup/272e/index.html

4.TAMRON SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD (Model F004)
3の進化版です。
手振れ補正もサポートしています。

  発売時期:2013年3月
  価格:¥64,330 ~ ¥74,884
  焦点距離:90mm
  重量:550g
  その他:手振れ補正

メリット
・伝説の「タム9」の安心感
・手振れ補正 当倍近くの接写時は、手振れ補正は効きません。
 しかし、三脚を使う前提であれば、気にする必要はありません

デメリット
・特にこれと言った弱点は無いと思います。

http://www.tamron.co.jp/news/release_2012/0913_2.html

5.TAMRON SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD (Model F017)
3の更なる進化版です。
手振れ補正が進化し、角度ブレに加えてシフトブレもサポートしています。

  発売時期:2016年2月
  価格:¥69,324 ~ ¥74,358
  焦点距離:90mm
  重量:600g
  その他:手振れ補正 シフトブレサポート

メリット
・伝説の「タム9」の安心感
・手振れ補正 シフトブレ補正にも対応し、当倍近くの接写時も手振れ補正が有効です。
 三脚を使う必要がありません。


 三脚不要で接写出来るのは、画期的です。

デメリット
・サードーパーティ品にしては高価な印象がありますが、欠点は見当たりません。

http://www.tamron.jp/product/lenses/f017.html



この比較の結果、どれを選んだのか?

結局、5のTAMRON SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD (Model F017)を選びました。
純正は安心感があるのですが、やはり三脚不要のマクロ撮影は魅力的です。

わざわざ、カメラのキタムラまで行ったのですが、在庫無しで取り寄せ品とのことでした。
本来、このレンズは在庫で持ってて当然なのですが、余程在庫を絞っているのでしょうか?
仕方無いので。結局AMAZONで購入しました。
1日掛からず届きました。
便利な世の中です。(笑)



ちなみに、今日の写真は、購入したTAMRONのレンズの試し撮りです。
フルサイズだと、被写界深度が浅いので、かなり絞り込む必要があります。
これから先、このレンズを持って外で遊ぶ機会が増えると思います。

ブログランキング等やっています。
もし、参考になりましたら、はてなブックマークしていただければ励みになります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
にほんブログ村

スナップ写真ランキング

<


応援ありがとうございます!




スナップ写真: 門司港

_DSC4305.jpg

今日は門司港スナップ写真です!

門司港は古いのイメージが好きで、年に数回撮影に行きます。
は良いですね。(笑)

色が無い方が、より被写体の形が強調されると思い、モノクロにしています。
下手に色があると、そこに目が行き、間違った印象を与えてしまいます。

_DSC4315.jpg


ブログランキング等やっています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
にほんブログ村

スナップ写真ランキング
<


応援ありがとうございます!

今日のスナップ写真 神社にて

_DSC4853.jpg

見方を変えて、こんな写真はどうでしょうか?
手持ち撮影なので姿勢が辛いのですが(笑)


今日は忙しかった! しかも蒸し暑いし。。。
既に昨日になってました。(笑)

この写真の撮影場所は、内緒です。
福岡市内なので当てて下さい!


ブログランキング等やっています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
にほんブログ村

スナップ写真ランキング
<


応援ありがとうございます!

写真の著作権 あなたの写真は大丈夫ですか?

写真がデジタルの時代になって便利なのですが、不便なこともあります。
著作権をどう守るかです!


たまには真面目な話もします。(笑)

フィルムの時代であれば、フィルムの原版をもってれば、著作権はほぼ担保されると
考えて良かったのです。
デジタルになると簡単に複製が出来てしまいます。
ある日、あなたの撮影した写真が他人の作品として紹介されるかもしれません。


無駄な抵抗ですが、写真にCOPYRIGHT透かしを入れているのは、その対策です。
そんな見た目の良くないことをするのは、本当は嫌なのです。

そんな非常識なことをするのは、大陸の人達位だと思ったら、大間違いです。
彼の国では、偽ディズニーランドを作る位ですから、知的財産権なんてことは気にしていません。

しかし、著作権を合法的盗むことは、日本でも平気で行われています。

写真共有サイトやフォトコンテストには、くれぐれも注意して下さい。

写真共有サイトの例で行くと、価格コムが運営している、「PHOTOHITO」が代表です。
有名なサイトなので使われている方も多いと思います。

ここで写真を共有すると、その写真を「PHOTOHITO」は自身の物のように無償で好き勝手に使用できるのです。

そんな馬鹿なと思われる方も多いと思いますが、それが現実です。
しかも、それは合法的なのです。

なぜなら、規約に明確にうたってあるのです。

http://photohito.com/policyforupload/

こんな小さな文字が沢山書いてある規約を真面目に読む方は少ないと思います。
そこが、落とし穴なのです。(笑)

第5条 画像の権利についての1項がそうです。
以下、抜粋です。

お客様がphotohito.comサイトへ投稿を行った時点で、当該画像の国内外における複製権、公衆送信権、譲渡権、翻訳権・翻案権、二次的著作物の利用に関する原著作者の権利等の全ての著作権その他の著作権法上の権利を、お客様が当社及び別途当社が指定する当社グループに対して無償且つ当該画像の著作権の存続期間満了時まで利用することを許諾したものとします。

要はユーザーが投稿した写真を「PHOTOHITO」は好き勝手にして良いということです。
実質的に、「PHOTOHITO」がその写真の著作権を獲得したことになります。

ユーザーは、この規約に合意した上で、「PHOTOHITO」のサービスを使用しているのです。
文句の付けようがありません。(笑)


次にフォトコンの例です。
フォトコンテストでは、作者がその写真の著作権を持ち、その使用権を無償でフォトコン主催者に与えるのがスタンダードです。
しかし、例外もあります。

福岡市の公益財団法人が主催する「花と緑のまちかど写真コンテスト」を例に挙げます。

以下のリンクはPDFファイルなのでスマホの方は注意して下さい。
2ページ目に以下の記述があります。

※ 入賞作品の著作権は、主催者に帰属します。賞に選ばれた際は、フィルムや記録媒体を提出してください。

http://www.midorimachi.jp/images/event/150206160432225.pdf

これも合法的な著作権の獲得です。


この様に明記してあるということは、「確信犯」ということです。
自身がやっていることが、社会常識から外れたことを知った上で、募集や運営している訳です。

主催者や運営会社の名前だけで判断してはいけないのです。


なお、今日の写真と記事は全く関係ありません。(笑)

_DSC6648_20170524232547482.jpg

ブログランキング等やっています。
もし、参考になりましたら、はてなブックマークしていただければ励みになります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
にほんブログ村

スナップ写真ランキング
<


応援ありがとうございます!

スナップ写真: 津屋崎その2

_DSC6789.jpg

津屋崎 その2です。
なぜか 交通関連の写真になりました。
偶然なんです。(笑)


これもスナップ写真の良いところだと思います。
発想は天使の様に柔らかく、フレーミングは悪魔の様に冷徹に厳しく!

これが難しいんです。
道のりは長いですね。(爆)

_DSC6843.jpg


_DSC6790.jpg

ブログランキング等やっています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
にほんブログ村

スナップ写真ランキング
<


応援ありがとうございます!

スナップ写真: 津屋崎その1

_DSC6683.jpg

津屋崎 昔の繁栄の跡が残る港町です。
そのスナップ写真です。


今は普通の漁港で特別なものはありません。
でも、それで良いのです。

それをどう切り撮るかですね。。。

次回に続きます。(笑)

_DSC6711.jpg

_DSC6738.jpg

ブログランキング等やっています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
にほんブログ村

スナップ写真ランキング
<


応援ありがとうございます!

スナップ写真: こんな写真どうでしょうか?

_DSC6080.jpg

たまにはこんなスナップ写真はどうでしょうか?

撮影に行くと、目的外のものをよく目にします。
気になれば、当然撮影します。(笑)
これは糸島の海を撮影に行って撮ったものです。

何でも写真にしたくなります。半分病気ですね。(爆)

ブログランキング等やっています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
にほんブログ村

スナップ写真ランキング
<


応援ありがとうございます!



風景写真: 篠栗九大の森

_DSC5593.jpg

今日は最近話題の場所の風景写真です。
ゴールデンウィーク中にたまたま知りました。
ここだけ非日常な風景です。
これは、ラクウショウ(別名 ヌマスギ)というメタセコイヤに似た樹木です。


場所は福岡県糟屋郡の篠栗町にある 篠栗九大の森 です。

近い場所に意外なものがあるものです。
ちゃんと情報収集しないといけないですね。(笑)

九大と篠栗町のコラボにより、九大の演習林の一部を開放しているです。
遊歩道はありますが、手の入っていないですので、虫や足元には注意して下さい。
短パン、スカートは危険と思います。
雨が降ると当分、足元がぬかるむので、滑らない汚れても構わない靴で行かれることをおすすめします。

最初は下見で2回目に少しまともに撮れました。
気象条件を選ぶ被写体なので気長に待って撮影したいと思います。

ここは、夜間は鍵が掛かります。

利用可能時間は
 4月~9月 6:00~17:00
10月~3月 7:00~17:00
です。 
上のリンク(篠栗町の情報)の利用時間情報は古いので注意下さい。
夕方17:00には鍵が閉まります。 駐車場に居たら出られないかもです。(汗)


_DSC5564.jpg

_DSC5579.jpg


ブログランキング等やっています。
はてなブックマークしていただければ励みになります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
にほんブログ村

スナップ写真ランキング

<


応援ありがとうございます!