写真撮影のヒント フレーミングでの雲の効果

今回は雲の効果についてです。

前回、広い青空はフレーミング上は不要ということを話しましたが、空に特徴ある雲があれば、話は大きく変わります。


DSC_2180(2).jpg

この写真は、長崎県の野母崎の水仙の群生です。
ここは、1月初めに広大な水仙の花畑が見られます。多分九州では最大規模と思います。
おすすめの撮影スポットです。

この写真では、冬の青空にぽっかりと雲が浮かんでいます
もし、この雲が無ければ、空にアクセントが無く、作品として成り立たなかったでしょう。



次の例は、桜と雲です。
良い感じの雲があった為、雲と桜を組み合せて、この写真を取りました。
この写真も、雲が無い青空であったなら、作品として成り立たなかったでしょう。

_DSC1514.jpg




最後はこの写真です。
この何とも圧迫感のある重苦しい雲がこの写真の主役です。
こういう雲にはなかなか出会えません。

_DSC0386.jpg


青空は何も語り掛けてくれませんが、雲は空にアクセントを加えてくれます。

撮影の際に、もっと雲も意識されては、いかがでしょうか?


ブログランキング等やっています。
もし、参考になりましたら、はてなブックマークしていただければ励みになります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
にほんブログ村

スナップ写真ランキング
<


応援ありがとうございます!
関連記事

コメント

非公開コメント