長崎 池島 リアリズム その1

長崎 池島 スナップ写真 港

長崎 池島
九州に住んでいても、聞かない名前です。
この島は、歴史から忘れ去られ様としている島なのです。
リアルな島をシリーズでお送りします。
少し長めのシリーズとなります。


この島は、2001年まで炭鉱が存続していました。
九州の炭鉱の中では最後に閉山した炭鉱です。
最盛期7,700人、閉山時2,700人いた人口が、今は150人足らずです。
人の居ない島は、一挙に廃墟化し、ジャングル化が進んでいます。


今の池島については以下のサイトをご参照下さい。
池島に行くには

南シナ海の暖かい海流の為、ハイビスカスが咲いています。
海は残酷な位碧く澄んでいます。

長崎 池島 スナップ写真 ハイビスカス



にも人影はありません。
フェリーの往来時以外は静かなです。
島内を歩いて回りましたが、とても150名も住んでいる様な生活感はありませんでした。
もぬけの殻の島です。

長崎 池島 スナップ写真

ブログランキング等やっています。
いつも応援ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ




関連記事

コメント

非公開コメント