長崎 池島 リアリズム その6

長崎 池島 スナップ写真 炭鉱 廃墟

池島のリアルなスナップ写真ラスト前です。
炭鉱が閉山して16年。
外から覗ける範囲の炭鉱跡です。


それぞれの建物が何の目的の為のものなのかは分かりませんが、この小さな島に不釣合いな建物です。
随分朽ちてて来ています。
安全性の問題があるから立ち入り禁止なのでしょう。

池島炭鉱が永らえたのは、ひとえにその上質な石炭によるところが大きい様です。
三池炭鉱同様に産炭地に見られるボタ山がここでは見られません。
ボタとは、選炭したあとに残る石や質の悪い石炭のことです。
選炭して棄てる部分が少ないということです。

最盛期は坑道が96kmもあったとのことです。
この地下に拡がっているのですね。。。
池島炭鉱の詳細については、以下のWikiのリンクを参照下さい。

池島炭鉱WiKi


長崎 池島 スナップ写真 炭鉱 廃墟


長崎 池島 スナップ写真 炭鉱 廃墟

池島シリーズは次回で終了です。

ブログランキング等やっています。
いつも応援ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ


関連記事

コメント

Re: No title

キラリさん こちらこそありがとうございます!
人は居なくなっても、自然は変わらず残るんです。
ここの海は碧く美しいので、尚更人間の弱さを感じます。

No title

福岡太郎さん、今晩は、普段、見れない、池島の写真、ありがとうございます、
興味深く、拝見させていただきました、
人がいなくなった、一抹の寂しさのような、感じを受けました。
非公開コメント