写真のすすめ(2)

夜の路地裏

前回からの続きです。
写真を趣味として始めるにはどんなカメラを選ぶべきかということです。
結論から行くとAPS-Cセンサーのデジタル一眼レフがベストと思います。

カメラの種類とセンサーのサイズの2つの観点で選ぶ必要があります。

カメラの種類
(1)デジタル一眼レフ
 フィルムの一眼レフをフィルムからイメージセンサー置き換えたもの。
 性能的には一番有利です。特に動く被写体。
 サイズは大きいですが、レンズを付けたバランスを考えると持ちやすいですね。
 エントリークラスのカメラは、かなりコンパクトです。

(2)デジタルミラーレスカメラ
 最近流行ですが、ボディーは小さいのですが、レンズは大きいです。少し身軽と
 言ったところでしょうか。
 性能的には、デジタル一眼レフに大分近づきましたが、まだまだです。

(3)ハイエンドコンパクトデジカメ
 サイズは小さくそこそこの画質。レンズが交換できないのにエントリークラスの
 デジタル一眼レフ並みの価格です。個人的には中途半端と思います。

趣味で使うならば、(1)デジタル一眼レフですね。

センサーのサイズ
(1)フルサイズ
  35mmフィルムと同じサイズのイメージセンサーです。面積の比較に意味が
  あるのでこれを”1”とします。
  
(2)APS-C
  デジタル一眼レフで一番流通しているサイズのセンサーです。
  サイズは”0.426” フルサイズの半分以下の面積です。

(3)フォーサーズ(4/3インチ)  224.9
  オリンパス、パナソニックが使用しているセンサーです。サイズは”0.260”
  フルサイズの約4分の1の面積です。

同じ画像数であれば、センサーの面積が大きい方が有利です。高感度特性
(暗い場所での撮影)や階調性(画質の滑らかさ)が優れています。

私自身、3つのセンサーサイズのカメラを使用しましたが、(1)フルサイズが
圧勝です。
ただし、フルサイズのカメラは高価で、最低限のレンズセットで16万円以上します。
性能と価格のバランスを考えると(2)APS-Cがおすすめです。
フォーサーズは2台購入しましたが、やはり納得行かず手放しました。

カタログにISO感度の記載がありますが、数字が大きいものが良い(感度が良い)
とは限りません。(カタログに騙されてはいけません) 
設定できるISO感度と実使用に耐えるISO感度は別物です。

ということで、APS-Cセンサーのデジタル一眼レフから入るのが良いと思います。
その後、必要に応じてステップアップしたら良いかと思います。

今日の写真は、夜の裏通り。またもや自転車です、自転車フェチなのかと思います。(笑)
かなり暗いのですが、フルサイズでは全然余裕です。カメラはD750です。
今年次期モデルが出るでしょうから、大分価格がこなれて来ました。でも高い。(笑) 
レンズキットがお買い得です。



関連記事

コメント

非公開コメント