彼岸の風物詩 彼岸花

七つ森古墳 彼岸花

もうじきお彼岸 彼岸花の季節です。
北部九州のおすすめ彼岸花スポットを紹介します!


死を連想させるので昔は忌み嫌われていた彼岸花ですが、最近はこの季節の観光資源となっています。
北部九州の3つの彼岸花畑を紹介したいと思います。

いずれもこの時期は、非常に込みますので、昼間よりは朝か午後少し遅くをおすすめします。
いずれも不便な場所ですので、自動車の移動になります。
昼間は駐車場に困ります。

まず、一つ目は大分県竹田市の七ツ森古墳です。

大分県観光情報サイト 七ツ森古墳

トップの写真がそうなのですが、ここは一面の彼岸花です。
私が知る限り、北部九州最大規模かと思います。
竹田市なので福岡市内からは、かなり遠いのですが、惹きつけられる魅力があります。
古墳の周りに彼岸花が群生しており、森と彼岸花が対照的です。
狙い時は朝時ですので、早朝から多くの方が写真撮影に来られています。

彼岸花の時期はそばの花の時期とも重なります。
ここから比較的近い所にそば畑があります。
波野村のそば畑。
阿蘇の山を背景に広大なそば畑です。
九州とは思えない(笑)、ダイナミックな光景が拡がります。
ご紹介の為に探してみましたが、適切なリンクがないんですね。(汗)
もっとちゃんと宣伝すれば良いのに。(笑)
波野駅の近くです。
案内板を頼りにすればたどり着けるはずです。

波野村 そば畑


二つ目は、福岡県うきは市のつづら棚田です。
先日の大雨の影響が心配でしたが、今年も彼岸花に合わせて祭りがあるようで安心しました。

2017棚田inうきは彼岸花めぐり&ばさら祭

石組みの棚田に実った稲と真紅の彼岸花がコントラストを見せてくれます。
ここも多くの観光客が訪れます。

つづら棚田 彼岸花

最後は佐賀県小城市の江里山の棚田です。
ここは先のつづら棚田よりは小規模ですが、棚田と彼岸花が良い感じです。

小城市江里山の棚田

江里山 彼岸花


lこれからは、外歩きに良い季節になります。
ゆっくり彼岸花を楽しまれてはいかがでしょうか。

福岡市からの距離を考えると、2番目のつづら棚田がおすすめかと思います。
日本の原風景をみることが出来ます。
いずれの場所も人が多いので、その点はご留意下さい。

ブログランキング等やっています。
いつも応援ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ





関連記事

コメント

非公開コメント