デジタル一眼レフ フルサイズ機のすすめ

風景写真 牧ノ戸峠第一展望台から由布岳を望む

今更の話題ですが、センサーサイズの違いは暗所撮影には重要!
作品撮影の幅が確実に広がります!


トップ写真は先日の久住牧ノ戸峠展望台からの写真です。
目視では真っ暗な状況で奥の山付近以外は全く見えません。(笑)
当然、目視でピントを合わせることが出来ない状況です。
被写界深度が必要なので絞りを開く訳にはいきません。
フルサイズ機(FX機 ニコンD750)ISO4500での撮影ですが、解像度、ノイズ、ピント共に全く問題無く撮影できます。


以前は、センサーサイズが相対的に小さなDX機(ニコンD7000)を使用していました。
無理して使えるのがせいぜいISO1200位でした。
解像感が極端に落ちるので、これ以上の感度は厳しかったのです。


FX機に切り替えると
・暗所で動いているものも被写体ブレ無しに撮影可能
・暗くても重い三脚を持ち歩く必要が無くなる

明らかに撮影のスタイルが変わります。

フルサイズ機に変えてから、ますます実感します。
無理してでも早く切り替えるべきでした。(汗)

暗所撮影を考えると考慮すべき点があります。
・AF(オートフォーカス)の検出下限です

ほとんどの方がAF(オートフォーカス)で写真撮影をしているかと思います。
高感度撮影で暗所の撮影が可能になると、従来のカメラのAFの検出下限では不十分になるのです。
真っ暗なので目視のピント合せはできません。
距離を目測で設定するか、AFになります。
AFの検出下限はカメラの性能とレンズの明るさに依って決まります。

難しいので詳細は書きませんが、EVという明るさの単位があります

およその目安としては

暗い室内    4EV
観客席     3EV
映画館     2EV
日没後     1EV
薄明り     0EV
深夜屋内   -1EV
月夜       -2EV
おぼろ月夜  -3EV
星空      -4EV

フィルムの時代は、0EV以上が通常のAF撮影の対象でした。
しかし、デジタル しかもフルサイズになると目で見えない-3EVなどという明るさでも三脚無しで画質的に問題なく撮影出来てしまいます。

私はニコンユーザーなのですが、D750を使用しています。
その下にD610というモデルがありましたが、AFの検出下限は大きく異なります。

D750  -3EV
D610   -1EV

この2EVの違いは大きいのです。
両者の価格差は大きかったのですが、このAF下限の違いから後悔しないようにD750を選びました。
それで正解でした。

AFはレンズ開放(一番明るい状態)で行います。
従って、開放値の低い明るいレンズが有利です。
カメラ、レンズともに性能の高いものを選ぶ必要があります。
お金は掛かりますが、中途半端で買い直すよりは良いでしょう。
回り道は、お金と時間の無駄です。実感しました。(笑)


私のおすすめとしてはボディーはミドルクラスのD750
随分価格が下がりました。





標準ズームレンズは、やはりこれ大三元レンズ
価格は下がりません。(汗)



鉄板の組合せです!


今は、NIKONがキャンペーンやっています。
ボディとレンズで5万円キャッシュバックです。
フルサイズデビューで幸せになりましょう!(笑)

買い時ですね!

【メーカー主催】Nikon 一眼レフご購入で最大3万円キャッシュバックキャンペーン



メーカー主催】Nikon レンズご購入で最大2万円キャッシュバックキャンペーン



ブログランキング等やっています。
1日1回ポチッとしていただければありがたいです。
はてなブックマークも絶賛募集中です。(笑)
いつも応援ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ



関連記事

コメント

非公開コメント