写真のすすめ RAW撮影のすすめ

不在

既にご存知の方はスキップして下さい。(笑)

デジタル一眼で撮影されてる方は、写真撮影は、撮って出しのJPEG記録でしょうか?
撮影したデータそのままでプリント出来る方は、JPEG記録です。

作品作りをするなら、一部例外を除いてRAW撮影をすべきです。

RAW=生の ということで、カメラが撮影した画像データをそのまま、余すことなく記録します。
圧縮しないのでカメラのセンサーの情報を残さず記録できます。

カメラの素の性能(高画質)を最大限に活かすことが出来ますし、色々な補正を行っても劣化しない利点が有ります。
ただし、RAW現像というパソコンでの後処理が必須となりますし、データサイズが大きいのがデメリットです。
SDカードもハードディスクも価格が下がって行ってるので、あまりデメリットでは無いかも知れません。

JPEGの場合、カメラの画像処理エンジンが、RAWデータをカメラ内で加工し画像として見えるJPEGデータに変換します。
その際に圧縮されるのでデータサイズは小さくて済みます。
その代わりデータが間引かれるので、センサーのデーターを活かしきっては無いのです。
JPEGは、データサイズが小さいので、連射の制限が受け難いのがメリットです。

最初はJPEGから始める人がほとんどと思います。
作品の仕上げにこだわるならば、RAW撮影をおすすめします。

RAW現像には専用のソフトウェアが必要です。

メーカー純正ソフトだと
 ニコンだと、Capture NX-D
 キャノンだと、Digital Photo Professional
になります。いずれも無償です。

私は、有償ですが、業界標準のAdobe社のLight Roomを使用しています。
Photoshopも使用可能ですが、通常のRAW現像はLoght Roomで事足ります。

このソフトは、年間約1万円で、随時バージョンアップされていきます。
同じソフトでニコンもキャノンも他の多くのメーカーもサポートしています。レンズ歪の補正もできます。
作品作りには、業界標準を使うのがセオリーです。


ブロトピ:ブログ更新案内

関連記事

コメント

非公開コメント

福岡太郎について

福岡太郎


福岡市在住のウィークエンドフォトグラファーです。
写真にまつわる幅広い内容を投稿します。
写真撮影の心構えとか、ヒントとかもつぶやいています。(笑)
どうぞお気軽にご覧下さい!

ブログランキングに参加しています。どうぞポチッとお願いします。
このエントリーをはてなブックマークに追加



写真ランキング


にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村







お問合せはこちら

コメント記入に抵抗のある方はこちらへご連絡下さい。時間の許す範囲で回答いたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター