スナップ色々 その6

_DSC9330.jpg

昨日と近い場所のスナップ写真です。たまには、色味のある写真もアップします。
この写真の説明は要らないと思います。一応考えてフレーミングしています。(笑)


ここは、バルというか居酒屋というか、通るたびに店が変わっています。場所的に分かり難いからかもしれません。


今日のお題は「高い機材があれば写真撮影が上手くなる訳では無い」です。

私は価格コムを買い物の際の参考にしています。多くの方が、価格コムを参考にされているかと思います。
大体が正しい情報のなのですが、中にはバイアスの掛かった書き込みもあるので、最終的には、自身で判断する必要があると思います。

私の場合、カメラ、レンズを調べることが多いのですが、色々とコメント見ていて考えさせられます。
今日のお題です。(笑)

機材だけプロ並み(笑)な方が多く、結構笑えます。
プロの方は、仕事の写真はアップ出来ないので、アマチュアの方の投稿だと思います。

機材は最高、アップされた写真は、いま三。(笑)
うんちくばかりを語る。

確かに写真にセオリーはあるのですが、撮ってなんぼの世界です。理屈をこねても実践が伴わないと意味がありません。実践あるのみです。(笑)
高い機材を買うことで満足して、撮影のレベルアップをおろそかにしてるんでしょうか。


今時のデジタル一眼は、エントリークラスでも、性能的には普通に使う分には、十分に高いのです。
高い機材でなくても問題無いケースが多いのです。
特殊な分野、例えばサッカーの様なスポーツ等の動きものの撮影には、性能の高いカメラ、レンズが必要になりますが、通常のケースでは、エントリークラスでも十分撮れるんです。
うんちくと高価な機材だけで満足してる方が結構居るんですよね。(笑)

別の例ですが、以前、棚田に撮影に行った際、ご夫婦でD4(当時のニコンの最上位モデル)を使ってる方がいました。
レンズも立派でした。
逆光での撮影なのにレンズフードも付けて無いのです。(汗)
見るからに初心者です。誰かに言われるままに機材を買ったものの、写真撮影の方法の勉強が足りないんです。
これでは、満足な写真は撮れないでしょう。

確かに、レンズは必要に応じて買う必要があり、価格が高いレンズが無いと表現できないケースがあります。
しかし、高価な機材を買うより、先にやるべきことは、あるんです。
機材に掛けるお金があるなら、撮影にお金を掛けて実践を通じてレベルアップを図るべきです。

デジタルカメラの世界になって、作品創りの一番の肝は、フレーミングです。
露出に関しては、RAW現像でなんとでもなるので、よりフレーミングにこだわるべきです。
フィルム代、現像代もかかりません。納得するまで、色なフレーミングで撮影して下さい。
そして、撮影した写真を自身で評価して下さい。
良い点、悪い点を次回の撮影に活かす訳です。

ちなみに、いまのニコンの最上位モデルはこれです。カメラ本体だけで 63万円します。
プロが仕事の為に使う、失敗の許されない撮影に使う為の最上位モデルです。



このエントリーをはてなブックマークに追加


にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
にほんブログ村


スナップ写真ランキング

<



応援ありがとうございます!
関連記事

コメント

非公開コメント