時の記憶 その3

_DSC4227.jpg

今日も錆たスナップ写真です。三脚について書きたいと思います。


皆さんは写真撮影に三脚を使用してますか?

風景写真を撮る方は、三脚を使うのが当たり前と思う方が多いと思います。
なぜって?
風景写真の教科書に書いてあるからです。(笑)

私は、単純に 風景写真=三脚 では無いと考えています。


三脚を使用するのは
・スローシャッターを使用する場合
・同じフレーミングで長時間待つ場合

この2つの場合です。

フルサイズ一眼の感度は高い為、暗いから三脚が必ずしも必要ではなくなりました。
三脚を車に入れたままですが、ほとんど使いません。

三脚のメリット/デメリットをまとめると、こんなものでしょうか

メリット
・フレーミングが厳密に出来る
・長時間待っても疲れない
・スローシャッターでもブレずに撮影できる

デメリット
・持ち運びが面倒で重い
・フレーミングの自由度が低い(出来たとしても三脚調整に時間が掛かる)

撮る被写体により、何を重視するかで三脚を使用すれば良いと思います。

では、なぜ 風景写真=三脚  という考えが出てきたかについてです。
あくまで私の予想です。

フィルムカメラの時代に、この考えが出来たのだと思います。

フィルムカメラでの風景写真撮影条件
・フィルム感度 ISO100  頑張ってもISO400でしょう
・絞り f22 パンフォーカスの為、被写界深度を深くしたい為 特に中版カメラ
・PLフィルタの使用(最大2段程度暗くなる)

この条件だと、シャッター速度が遅くなり、必然的に三脚を使用せざるを得なかったのでしょう。

デジタルの時代にも、この 風景写真=三脚 という考えが残っているのだと思います。

私は三脚に縛られて撮影するのが苦になるので、基本的に手持ち撮影です。
必要な場合のみ三脚を使用します。

三脚は自分のスタイルにあわせて使用すれば良いと思います。
三脚を使用するのであれば、十分な耐荷重の三脚を選んでください。

ブログランキング等やっています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
にほんブログ村

スナップ写真ランキング
<


応援ありがとうございます!
関連記事

コメント

非公開コメント

福岡太郎について

福岡太郎


福岡市在住のウィークエンドフォトグラファーです。
写真にまつわる幅広い内容を投稿します。
写真撮影の心構えとか、ヒントとかもつぶやいています。(笑)
どうぞお気軽にご覧下さい!

ブログランキングに参加しています。どうぞポチッとお願いします。
このエントリーをはてなブックマークに追加



写真ランキング


にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村







お問合せはこちら

コメント記入に抵抗のある方はこちらへご連絡下さい。時間の許す範囲で回答いたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター